美容院全く関係無いですし 町田とも縁もゆかりもないですし、この記事もめちゃめちゃ長いんですが。

こんにちは。middletownsmilesです。

はてブの2015年10月の月間ランキング見ていて、
こんな記事を見つけました。

美容師が独立3ヶ月で月商100万円。ホットペッパー無し。個人メディアで集客してみた。

今やっているビジネスと美容院全く関係無いですし、
町田とも縁もゆかりもないですし、
この記事もめちゃめちゃ長いんですが、

ついつい一気読みしてしまいました。

ちなみに、この記事の続編の

続・美容師が独立4ヶ月で月商116万円。ホットペッパー無し。個人メディアで集客してみた。

も面白いのでオススメ。

どちらの記事も読んでいて、
ウェブでマーケティングやっている人間からすると
かなり考えさせられました。

特に面白かったのが、LINE@を使って、
サイトに集まっている人と接点を持つというところ。

普通こういうのって、CGM(インターネットを活用して
消費者が生成していくメディア)の形をとって

・いかにお客さんにコンテンツ書いてもらえるか(自走させるか)
・いかにその文化を作り出して巨大メディアにするか

これがポイントだったりします。

例えば、食べログやクックパッドは、
まさにこのCGMの成功例。

ただ、CGMにも弱点があって

・そもそもお客さんに能動的に書いてもらうことが難しい。
・自走させるまでにかなり時間がかかる。
・コンテンツはお客さんだよりなので、コンテンツの品質管理が難しい。

こういったデメリットも併せ持っています。

特に最後の品質管理は、なかなか難しく、
下手をすると、悪評ばかりが目立つ転職系のメディアや、
2ちゃんねるみたいな状態になってしまうもの。

あるいは、健康系の話とか、専門的な話になると、
コンテンツが嘘ばっかりということも良くあります

(実際Q&Aサイトの多くが、嘘情報ばっかりだったり)

一方で、この町田美容院の知恵袋というサイトは、

確かに完全なCGMという形をとっていないので、
コンテンツは爆発的に増えていかない。

ビジネスとしてのスケールするかと言えば微妙です。

一方で、問いはLINE@でお客さんからもらいつつ、
コンテンツ自体は美容師さんが作り出すことで

・コンテンツの品質はかなり良いものとなる。
・そもそも美容師さんは専門家なので、いくらでもネタがある。

こういった点から、中小規模のサイトとしては
素晴らしい作りになっています。

いや、むしろ、個人商店的なビジネスであれば、
これくらいのボリュームでアクセスが集まれば十分に食っていける。

ここからどんな展開になるのか分かりませんが、
これくらいのボリュームであれば、
決して無理な数字ではなく、再現性はかなりある。

美容院に限らず、色んな業種に使える方法のでは?
と感じました。

いやー素晴らしい。

この町田の美容師さんのLINE@にも登録しましたが、
今後の展開が楽しみです。